Help
Help

呪腹の大樹 はダークソウル3の ボスキャラクター です

呪腹の大樹

呪腹の大樹
hp.jpg
HP
souls.jpg
ソウル
出現場所
5,405 7,000 不死街
ドロップ 呪腹の大樹のソウル, 錬成炉
防御・耐性
弱点 耐性 無効
斬撃、刺突、炎 なし 出血、毒・猛毒、冷気

 

ロスリックの高壁から降り立った場所は、亡者の蠢く不死街であった。
独自の信仰を続ける村人達、焼ける死体の臭い。その奥地に花の咲き乱れる広場があった。
一見すると長閑な景色。だが、やはりここは不死者の坩堝。侵入者に呪われた大樹が近づく・・

出現場所

  • 不死街
  • 出現条件:不死街の奥に進み、ピンク色の花が咲く花畑に入ると亡者が襲いかかる。
    しばらく亡者と戦っていると、巨大な大樹が動き出す。
  • このボスキャラクターとの戦いは必須ではなく、無視して先に進むことも可能。

 

ドロップ

 

戦闘情報

  • 参加可能なNPC :
  • 主な攻略法:
    全部で2段階の形態変化があるが、弱点部位は胴体にある白い卵のような箇所。
    第2段階で白い腕が出現し、その白い腕が弱点部位となる。
    それ以外の場所を攻撃してもダメージは一切与えることができない。

    主な攻撃はデカイ手足での叩き潰し or なぎ払い。巨体を活かしたプレス攻撃。体を揺らして卵を降らせたり、枝の先についている卵を掴んで投げてくる。
    巨大なサイズでビビるだろうが、攻撃間隔が長く、手足のなぎ払いはガードも出来るので、落ち着いて動きを見て隙を伺おう。回避行動時に手足の先端にある卵に近づくように移動できるようになれば攻撃しつつ回避ができるようになる。
  • オススメの装備:呪腹の大樹は炎属性の攻撃に弱いため、各武器を「炎の貴石」で強化した武器であればかなり有効ダメージを与えることができる。また、ガードによりスタミナの消費が著しいため「緑花の指輪」を手に入れておきたい。
    盾はここまで使ってきた盾であればどれでも可能だが、ガードができるのは一撃としておこう。
  • 致命の一撃:なし
  • 攻撃パターンの変化:呪腹の大樹の本体、腹部についている卵を破ると、地形と攻撃が変化

 

戦略

攻略動画(3分55秒)

 

攻撃タイミング1(近距離/物理攻撃)

攻撃をする前に、プレイヤーに狙いを済ますようなモーションがある。
この間に回避する方向を考え、攻撃と共にローリングで回避すれば攻撃を回避しやすい。
第一段階では、雑魚キャラがプレイヤーを取り囲むように近づくため、雑魚キャラの攻撃がボスの攻撃速度の遅さを上手くカバーしているので注意。

これまでのボスキャラクターのように呪腹の大樹の側面、および背後から攻撃した場合。
高い確率で腕を使って薙ぎ払い攻撃を行う。
薙ぎ払い攻撃は、出だしの速度が早く、ローリングによる回避では、被ダメージを負いやすい。
薙ぎ払い攻撃と思ったら、迷わず盾によるガードをしよう。

注意すべきはボスの体格を活かしたプレス攻撃。
距離を離していると、前方にゴロゴロと転がる攻撃。
近距離でまとわりつくように攻撃していると、立ち上がり、全身でプレスしてくる。
この攻撃はガードができず、マップの角に追い込まれていた場合は連続でダメージを負い死亡する。
マップの中央で戦うようにすれば臨機応変に対処できるが立ち回りには十分気をつけよう。

 

攻撃タイミング2(遠距離攻撃)

呪腹の大樹に遠距離攻撃を使用していると、全身のプレス攻撃を受けやすいため
遠距離攻撃は可能な限り控えた方が良い。

また、呪腹の大樹は、ダメージを与えられるのが卵のある部位だけなため
魔法や闇術などは、当てにくく、またダメージもたいして大きくない。
使用する場合は弱点属性でもある呪術を使用し、一番当たり判定の大きな腹部と
第二段階で出現する手に当てるように集中し、手足にある卵は近接攻撃で破壊しよう。

 

マルチプレイ時のオススメ

呪腹の大樹は攻撃の当てにくい強敵のため、マルチプレイは人気がある。
呪腹の大樹は、良くも悪くも1人のプレイヤーを狙うため、他のプレイヤーと二手に分かれて
弱点である卵を潰しにかかろう。
注意したいのは、プレス攻撃を誘発するような立ち回り。プレスを受けるとパーティーが一気に全滅する恐れがある。
遠距離攻撃と、背後の攻撃は避け、手足の近くでウロウロするのが安定である。

攻撃パターン

ボスキャラクターには2つの攻撃フェーズがあります。第1段階は、腹部の卵を破壊するまで。第2段階は地面が崩壊後。

第一段階
手足の攻撃 呪腹の大樹の姿勢を見たとおり、人間がお尻を着いて手と足で攻撃する姿勢をとっているため
手の場合は足先まで、足の場合はつま先で突くような攻撃をする。

どちらも強力な一撃だが、比較的回避はしやすくガードも可能。
第一段階では、左手首、左足首にある卵が狙い目なので、うまく左手足の攻撃を誘発できるよう。
左側面から攻撃をしよう。
ゴロゴロ 距離を離して攻撃をしていると、前転するように転がり、プレイヤーめがけてゴロゴロしだす。
この攻撃は無敵な上、致死ダメージを負いやすいので非常に危険。
近づかれる前に左右に回避、ダッシュし、追い詰められないようにしよう。
卵を投げる/降らす 大樹の枝の先についている卵を使い、手に持って投げるか、体をゆすって降らすかをする。
どちらも卵が割れると同時に中身が飛び散り範囲攻撃を行う。
ガードによって防ぐことができるが、同時にボスの手足による攻撃をもらいやすいので
卵の攻撃が始まったら、ボスの攻撃範囲からは一旦出て様子をみよう。
第二段階
腹部が割れて白い手が伸びる 地面が割れ、落下する。落下ダメージは受けないので安心しよう。
呪腹の大樹の腹部が割れ、手が伸びる。
手が伸びきると、今までの攻撃に加え、手の掴み攻撃や攻撃速度の早い叩く攻撃が加わる。
非常にやっかいな相手となるが、同時にこの手じたいが弱点部位なので、怯まずに攻撃しよう。
酸による攻撃 少しだけ体を浮かせて尻もちをつくような行動をすると、黄色い酸がにじみ出て広がる。
この酸はプレイヤーの移動速度を低下、防具の耐久度と防御力を減らす。
広がる黄色い酸から避けるのは簡単だが、あまり気を取られると手足の攻撃を受けるので注意しよう。
手による掴み攻撃 正面から腹部を攻撃していると、手による掴み攻撃がある。
予備動作は、大樹を正面に見て、画面右上に手のひらを見せたら、そのまま掴みに入る。
掴む速度が早く、手のひらを見たら後方か、右側にローリングで回避すると避けることができる。
掴まれると、ほぼ死亡するほどの大ダメージをくらう。盾によるガードはできない。
かろうじて生き残っていた場合は、素早く立ち直りエスト瓶に回復は必至。

 

 

場所「亡者の穴倉」

解説文を追記予定

 

おまけ画像



 




    • 批判だけ書いてるのもなんなので、11 Jul 2016 09:41

      知ってる範囲で書いてみる。<br/>攻撃可能な部位として腹下の卵や手以外に、小さい卵が幾つかある。<br/>場所は左手の甲、左アキレス腱付近、背中(腰)の左側、右太腿、右肘と記憶している。<br/>右肘は遠距離での攻撃が必要なので普通は無視。<br/>右肘以外は近接攻撃可能な位置だが、床崩壊前は背中と右太腿は攻撃してもダメが入らなかった記憶がある。<br/>小さい卵を破壊すると怯みモーションになるので、追撃や回復等の余裕が生まれる。<br/>小さい卵を破壊するだけでは、呪腹の大樹を倒せないので腹下の卵や手にも攻撃が必要になる。<br/>あと、立ち上がりからのボディープレスは呪腹の大樹の左側に避けるとよい。白い手の攻撃チャンスになる。

      • 説明がよく解らない09 Jul 2016 08:43

        そもそも三段階も形態変化あったかなって思ってしまう。<br/>最初の状態と、床が崩れて手が出た状態しか認識がないが、卵がなくなる3つ目ってなんだ?<br/>自分で壊しただけじゃないかな。<br/>そもそも、各所の小さい卵について言及されてないし、動画見ても手の甲くらいしか攻撃してない。<br/>動画も文章も攻略を解説できてないようにみえる。。。<br/>

        • 有効打26 Mar 2016 03:16

          腹から生える腕は炎がよく通る。転んで腕が無防備になっている状態の時にエンチャントして殴れば、ゲージの1/5くらい一気に削れる。オススメ。

          • 倒し方26 Mar 2016 00:53

            赤目ハルパーやハンマー持ちに絡まれるとうざいことこの上ないので、雑魚は樹が起きる前に遠距離武器でおびき寄せて倒しておくと楽。<br/>接近すると樹が起きるので、股間や手足の丸い卵のようなものに向かって攻撃。それ以外はダメージが通らない。<br/>広範囲のなぎ払いやジャンププレスをしてくるが、ノーロックで敵の動きをよく見て、ローリング一回分を残しておけば余裕。今作はローリングの無敵時間が長いので、なぎ払い始動からの離脱が遅れても、ローリング回避が間に合う。攻撃はスタミナがある程度あれば中盾でも受けきれるが、追撃を考えるとガードは考えない方がいい。<br/>しばらく殴っていると場所移動する(見てのお楽しみ)。形態変化して腕が一本生えるが、この腕での掴みや叩き潰しに注意。ノーロックで常にこの動きをよく見ておくこと。酸や木の実による追撃が増えるが、基本は変わりなく攻撃できる。<br/>卵が尽きたら、今度は新しい腕を攻撃する。ここにだけは攻撃が通る。一方で最警戒すべき部位でもあるので、ゴリ押しは避け、ヒット&アウェイで気長に戦うと良い。

          Load more